アクセスマップ用語辞典リンクお問い合わせ
ホーム 店舗紹介 レストラン スタッフ ブログ アクセス お問合せ 用語辞典 リンク

TOP > 用語辞典

| | | | | | | | | | | A |

あ行
アーチ 海底にある岩がアーチ(橋)状になっている地形のこと。
アームスパン 両手を広げた幅のこと。
アイスダイビング 流氷の下に潜るダイビング。=流氷ダイビング
アセント 水中から水面に向かって浮上すること。
圧縮空気 窒素およそ79%と酸素およそ21%の混合気体をコンプレッサーにて圧縮したガスで、通常のスクーバダイビングで使用するタンクの中に詰められている。
アップウエリング(湧昇流) 浜からの風により、水面の水を沖合いに運ぶことが原因で生じるゆっくりとした動きの潮流のこと。 これにより沖合いの綺麗な海水が水底から流れてくるので、透明度が上がる。ドロップオフのある地点や季節風の吹く場所ではアップウエリングが起りやすい。
圧平衡 潜降時の圧力差を無くす為に「耳抜き」や「マスクブロー」を行って、水中での気圧の変化に対処すること。
圧力計 タンクの空気の残圧を示す計器。
海底に開いた洞窟のこと。
アンカー 船のイカリ。
アンカーロープ
(アンカーライン)
アンカーと船をつなぐロープ。潜降や浮上によく使われる。
アンカリングダイビング 船をアンカーで固定して、エントリー・エグジットを同じ場所で行う。
安全停止 緊急停止を必要としない場合でも、減圧症を確実に避けるため、水深5m程度の深さで一定の時間停止してからエグジットすること。
アンダート 波が引く状態。
色のロス 水中において光と色が吸収され暗く、色彩が乏しくなること。
インフレーターホース B.C.Dの空気を流入させるためのジャバラ状のホース。
ウエイト ウエットの浮力を相殺するためのおもり。鉛製のウエイト玉や袋に砂をいれたものなどがある。
ウエイトコントロール 水中での浮力を相殺するのに必要なウエイトの重さを知る方法。
ウエイトベルト ウエイト(鉛製のウエイト玉など)を通して、腰につけるベルト。
ウェットスーツ 水中での体温保持と体を保護するために着るもの。スーツ内に入りこんだ水も体温で温め、水の流動も押さえることができる。
エアーエンボリズム 浮上する時に肺の空気が膨張し、破裂することによって血管内に入りこみ流れを止めてしまうこと。息を止めたまま急激に浮上すると起こることが多い。
エアーチェック タンク内の空気残量を確認すること。
エア切れ タンク内の空気がなくなること。
エグジット 水中から陸や船にあがること。
餌付け 魚に餌をあげること。
エントリー 水中に入ること。陸からはいることをビーチエントリーといい、目的の場所までボートでいき水中にはいることをボートエントリーという。
煙幕 水中で砂などが舞って、視界が悪くなる状況。
オーバーハング 地形の上の部分がせり出ていること。
オーバーヘッド 沈船や洞窟などのように頭上をふさがれ、垂直に浮上できない状況のこと。
オーバーヘッドダイビング 頭上をふさがれた場所でのダイビング。
オクトパス タンクについている予備のレギュレーターのこと。メインレギュレータにトラブルがあった場合や他のダイバーのエアー切れになったときなどに使用する。
お花畑 ソフトコーラル等が一面に広がっている場所をさすときに用いられる。

| | | | | | | | | | | A |

か行
ガイド ダイビングをする際に案内をする人。
回遊魚 一定の場所に根付かず、潮の流れとともに回遊している魚。
海洋実習 講習の際に実際に海に潜ってやる講習のこと。
隠れ根 水面から見えない隠れている根。
かけあがり ゆるやかな斜面のこと。
カバーン・ダイビング 洞窟で直浮上ができるダイビングのこと。
ガレ場 サンゴの死骸が積み重なっている場所。
カレントライン 潮流れのある時に利用する船尾から流されたロープ。
ギア ダイビング器材のこと。
器材 ダイビング器材は、大きく分けると軽器材(マスク、シュノーケル、フィンなどの3点セット)と重器材(BCDやタンクなど)に分けられる。
季節来遊魚 秋になると潮の流れとともに流れてくる南方系の魚。冬になり、海中の水温が低下すると死滅してしまうこともあり、死滅回遊魚とも呼ばれている。
キャスターバッグ ダイビング器材と着替え等を持ち運ぶのに便利な上部分は布製で、下半分がハードケースでキャスターがついているバッグのこと。
急浮上 浮力のコントロールが取れなくなり速いスピードで浮き上がってしまうこと。
漁礁 魚が群集する水面下の岩場、サンゴ礁や沈船などのこと。人工的にブロックで作られたものもある。
緊急減圧停止 深く潜りすぎた時などに行なわなければならない減圧停止のこと。浅い所でしばらくの間、停止して体内の窒素を排出する。
緊急スイミングアセント 水中でエアー切れになったときに他のダイバーが近くにいない場合に行う浮上の方法。息を吐き続け、膨張した空気を体外に出しながら、浮上する。
緊急浮力浮上 エア切れになった場合、ウェイトベルトを捨てるなどをして浮力をつけ浮上する方法。
クイックリリース・バックル ワンタッチではずすことができる構造の締め金。
クリーニング 他の魚に付着した寄生虫を食べて駆除すること。
クリーニング・ステーション クリーニングを行なう決まった場所。
クレバス 岩棚に入った深い割れ目。
ケーブ 海中にある洞窟のこと。
ケーブダイビング 海中にある洞窟でのダイビング。
ケミカルライト 化学反応で発光するライト。
ケモクライン 淡水と塩水が混ざり合ってできる層のこと。
減圧症 ダイビング中に血液に溶け込んだ窒素が容量を越え、気泡化して起こる症状。関節痛や筋肉痛、皮膚症状、運動知覚障害など。
減圧潜水 安全な潜水深度と潜水時間の限界を超えた潜水。減圧停止を行なうダイビング。
減圧不要限界(NDL) 減圧停止をしなくても潜ることができる限界。
減圧不要潜水 ダイブテーブルの限界内での潜水で、減圧停止をしないで浮上できる潜水。
高圧ポート
(ハイプレッシャーポート)
レギュレータのファーストステージの残圧計やコンソールゲージの取りつけ口のこと。タンク内の圧力がそのままでてくる。
高所ダイビング 海抜300m以上の高所などで行なうダイビング。
ゴロタ 丸い石が広がっている所。
コンソールゲージ ダイビング計器(残圧計、深水計、水温計、コンパスなど)がひとつに組みこまれているゲージのこと。
コントロールド・シッティングエントリー 水面との差が浅く、平らな所からエントリーすること。
コンパス・ナビゲーション コンパスを使い、位置の測定やコースどりをすること。
コンプレッサー タンクに空気を詰めて満たす機械。 
海中林 海の中に大型の海藻類が繁茂している場所。

| | | | | | | | | | | A |

さ行
サージ 水中で体が波の影響により、波の動きとともに動く。この水の動きをいう。
サーフエントリー 波打ち際から海に入ること。
サーフゾーン 波打ち際。
サーモクライン 水中で水温差のある層。
再圧チャンバー 減圧症の治療に使われる機械。体内で気泡になった窒素に圧力をかけ、血液に戻し減圧して体外に出す方法をとる。
最大水深 その ダイビ ングで 潜った一番深いところの 深さ。
サイナス 人の顔の内側にはけっこう隙間があって、ここには空気がたまっている。このため、水中に潜るとここの空気が圧縮され、スクイズが発生して痛くなる。耳抜きで防ぐ。
残圧 タンク内に残っている空気の量のこと。
酸素中毒 純酸素を深度下で呼吸したときに起きる目まい、吐き気、 マヒなどの症状。
塩カミ 洗い方が不十分で、器材の内部やギアに塩分が残り、詰まった り固まったりすること。
潮止まり(しおどまり) 潮汐流の満ち引きが入れ替わるひととき、潮の流れがゆっくりに なり。やがて止まる。この時間帯のことを指す。
シグナルフロート 海面からダイ バー(自分自身)が目立つように、色のついた派手な棒状のもの。
シケ 海が大荒れの時 。
シッティングバックロールエントリー ボートのヘリに腰かけた状態から、背後へ落ちる形で水中に入るエ ントリー方法。
自動減圧計 水深と時間をコンピューターが記録して、無減圧 潜水を表示するゲージ。
指導団体 主にCカード発行を行っている。団体の基準を作ってダイ バーを養成する機関。
死滅回遊魚 沖縄方面の暖かい地域から、黒潮などにのって串本や、伊豆などに流れ 着く魚。
ジャイアントストライド・エントリー 船縁に立ち足を開きながら海に入る エントリー方法。
ジャックナイフ 素潜り( スキンダイビング)で、水面に逆立ちするように足を伸ばして潜る方法。
周囲圧 水中 でダイバーを取りまく圧力のこと。
シュノーケリング スキンダイビングのこと。
シュノーケル・クリア シュノーケルに水が入った場合、強く息を吹く事によって 中の水を吐き出すこと。
水中移動 水面下を泳いで移動すること。
水中スクーター 水中での移動をより速く、楽に行くためのスクリュー付きの電動移動装置。
水中スレート 水中で字が書けるプラスチック製の板のこと。
水中脱着 水中でスキューバセットを脱いだり、装着したりすること。
水面移動 水面を泳いで移動すること。
水面休息(水面休憩) 水面や陸上などの水圧がかかっていない状態での休憩のこと。
水面休息時間(水面休憩時間) ダイビングを終え水面に浮上してから、次のダイビングで潜降するまでの、水圧がかかっていない時間のこと。
水面脱着 水面でスクーバセットを脱いだり、装着したりすること。
水面フロート ダイビング・スポットのマーキングや、ダイビング・フラッグを掲げるなどの目的で利用される浮遊素材でできたもの。
スキンダイビング マスク、スノーケル、フィンのいわゆる3点セットを装着して、水面遊泳を楽しむこと。「スノーケリング」「素潜り」とも言われる。
スクイズ 深い水深へ移動しようとするとき、空間の容積が小さくなろうとするのに伴って起るもので、圧外傷にあたる。
ステップアップ講習 オープンウォーターなどのエントリーレベルからレベルアップする講習。
スポット ダイビングポイントの集まった場所。
セカンドステージ レギュレーターの第2減圧部で、マウスピースがついている部分のこと。
セッティング ダイビングを行う前にタンク装着を含む、器材チェック及び装着準備をすること。
潜降(せんこう) 水面から水中に潜ること。
潜水旗(ダイビングフラッグ) 「この下にはダイバーがいます」ということを周囲に 知らせる旗で、付近の船舶に旗から離れて航行するように依頼するもの。
潜水時間(ダイブタイム) 潜降を開始してから浮上するまでの時間のこと。
潜水病 深く潜りすぎたり、長く潜りすぎたり、間を空けずに何度も潜ったりすると発生することのある障害の1つ。
圧力の調整が間に合わず、多すぎる窒素が気泡となって発生し、体の組織に影響を与えたり、破壊したりする。疲れや関節の痛み、皮膚のかゆみなどが起こり、ひどい場合は肺が破裂する危険がある。
ソフトコーラル サンゴの一種であるヤギ、イソバナ、ウミトサカ等。

| | | | | | | | | | | A |

た行
体験ダイビング Cカードを持っていない人でも行えるファンダイビングのこと。
ダイバーウォッチ 潜水用の時計。ISO規格で厳しい条件が定められている。
ダイビングサービス 主にダイビン グスポットの周辺にあるダイビング店を指す。
ダイビングスポット すでにダイビングサービスなどによって潜水探索が行われ、ファンダイビングを行うのにふさわしい環境であると特定された海域。
ダイビングプラン 潜水計画のこと。
ダイブコンピュータ ダイビング用の小型の携帯コンピュータ。潜っている間の時間や 現在の深度、平均の深度、水温などを 表示してくれる。
又残留窒素の表示や急浮上の警告をしてくれる。
ダイブテーブル 減圧表のこと。
ダイブマスター MSDと同程度の技術を持ち、ダイビングインストラクターのサポートやファンダイビングなどでガイドを行うことができる責任のある指導者クラスの資格。
ダウンカレント 海底に向かって流れる潮流のこと。
ドロップオフの浅瀬の部分のこと。
タンク 圧縮空気を入れる容器。
淡水ダイビング 湖や川など、淡水域でダイビングをすること。
窒素酔い 体内にとけ込んだ窒素の麻酔作用によって、頭がぼーっ としたり、レギュレーターを外すなどのばかげた行為に及んだりする 症状のこと。
チャネル サンゴ 礁の切れ目などにできた天然の水路のこと。
中圧 タンク 内の圧力がレギュレーターの中で1ランク減圧された状態。
中性浮力 ホバリング. 浮きも沈みもしない状態のこと。
中層 水中において水面、水底に対してその中間の こと。
ディープダイビング 通常よりも深い水深の海に潜ること。(18m以上)
透視度 水面に対して水平に見える 距離のこと。
透明度 水のきれいさを、水面からどのくらい下まで見えるかを距 離で示したもの。
ドライスーツ 頭 と手以外は完全防水のスーツ。冬の海でも使用できる。
ドリフトダイビング ボートダイビングのスタイルの一つ。潮の流れに 身をまかせたまま移動する。
ドロップオフ 海岸の崖が急激に落ち込んでいる場所。

| | | | | | | | | | | A |

な行
ナイトダイビング 日没後にダイビングをすること。
ナイトロックス 減圧症の発生を低くするため酸素分圧を通常の空気 より上げ、これを使用して潜る方法のこと。
ナチュラル・ナビゲーション 太陽の位置や水中の地形など自然のものを 利用して、ダイビングコースを設定したり、現在の位置を判断する方法。
ナビゲーション 水中で、コース取りや方向の確認をすること。
認定証 講習を受けてスキルがその認定レベルに達している ことを証明するもの。
海底から盛り上がった岩礁や、サンゴの群落のこと。
根魚(ねざかな) ダイビングで使う環境用語で根の付近を住みかにし、常にそのスポットに潜れば出会うことのできる魚。

| | | | | | | | | | | A |

は行
パージボタン レギュレー ターのセカンドステージ中央にあるボタン。押している間タンク内の空気が流出する 。
ハードコーラル 堅い骨格を持ったサンゴのこと。
ハーフボート・ダイビング 行きはエントリーポイントまでボートで移動して、ボートダイビングの手順で潜降して、沖から泳ぎながら陸のほうに向かって戻り、エグジットはビーチから上がるダイビングスタイル。
ハイパーベンチレーション スキンダイビングに入る前に、水面 で大きな激しい深呼吸を行なうこと。
ハウジング 陸上用のカメラ・ビデオを水中で使うための入 れ物。
バックアップ空気源 オクトパスなどの補助空気供給装置のこと。
バックロールエントリー 船縁に腰掛け背中側から海に入る方法。
バディ 英語で「相棒」の意味です。ダイビングは危険が伴うため、2人1組です るのが原則となっています。
バディコンタクト 水中でバディが活動中にお互いの位置関係 やバディのコンディションに気を配り、チェックし合うこと。
バディシステム 常に相手の位置・行 動を把握し、必要な時には協力しあうこと。
バディチェック 主にエントリーの前に、バディがお互いの装置を確認し 合うこと。
バルブ レギュレーター内部、水中カメラなど、 機材の防水のために多用されている断面が丸いゴムのリング。
パワーインフレーター BCDにタンクの空気を入れる装置。
ハンドシグナル 水中でのコミュニケーションに使う手信号。
反復潜水 最初の潜水から6時間以内に再び潜水すること。
ビーチエントリー 浜辺から直接海に入るエントリー方法。
ファーストステージ レギュレータを構成する部品の一つ。エアタンクへの接続部分である。
ファンダイビング Cカード所得者がダイビングの経験をつんだり、自由に楽しむことを目的とするダイビング。
フィートファースト 足を下にして潜降する方法 。
フィッシュウォッチング 魚を観察したり、魚と親しんだりする 活動。
フィンワーク フィンの使い方、フィ ンキックのこと。
吹き上げ 水中で急速に身体が 浮上してしまうこと。
浮上 水中から水面に向かう事 。
浮上速度 浮上する時に規定された速度。
プラス浮力 沈んでいくものはマイナス 浮力、浮いていくものはプラス浮力という。
フリー潜降 ロープやはしごなどにつかまらず、何も ない水中でバランスを取りながら潜降すること。
ブリーフィング ダイビング前のコースの打ち合せ等のこと。
フリーフロー エアが出っ放しになる状態。
浮力浮上 ウエイトベルトを捨てたり、BCDの炭酸ガスカートリッ ジを使ったりして浮上する方法。
ブルーホール 水底にある穴のこと。深い穴は水中で青く見えるのでこう呼 ぶ。
フルフェイスマスク レギ ュレーターが組み込まれている顔全体用のマスク。.
べたなぎ 波が全く無い海面 。
ヘッドファースト 頭から潜降すること 。
ヘッドファースト潜降 スキンダイビングのとき有効な潜降方法。うつぶせに浮かんだ体勢から90度に腰を曲げ、その勢いで足を空中に垂直に上げるようにすると、足の重みで頭から潜降する。
ベンズ 減圧症のこと。
ボートエントリー 船・ボートから水に入る事 バックロール エントリー ボートなどの縁からマスクを抑えて背中から海に飛び込む方法。
ボートダイビング ダイビングポイントまで船に乗って行ってするダイビング。
ポニーボトル バックアップ空気源として、タンクのわきにつける小さな空気タンク。
ホバリング 浮きもせず、沈みもせず、完全に中性浮力が とれている状態。
本数 ダイビングの回数の事。『本』で数えます。

| | | | | | | | | | | A |

ま行
マウスピース スノーケルやレギュレーターの口にくわえる部分のこと 。
マスククリア マスクに入った水を出す事、マスクの上端を押さえ鼻から空気を送る 。
マスクブロー マスクスクイズが起きたとき、マスク内に鼻から空気を吹き込んで、マスク内の圧力と水圧を同じにする。
マルチダイビング 一回のダイビングでいろいろな深さの場所に行く事。
マルチレベル・ダイビング 時間の経過とともに水深が変化 するダイビングのこと。
マルチレベル・ダイブテーブル 一定深度ではなく深度を変えながら潜るレクレーションダイビング用の減圧表 。
耳抜き 水圧で内側に押された鼓膜を元に戻す圧平衡のテクニック、鼻をつまんで「フンッ」と耳の内側に空気を送り込む 。
無減圧潜水 減圧停止を必要としない潜水 。
無減圧限界潜水時間 ダイバーが減圧停 止をせず潜っていられる最大時間。
メッシュバッグ ダイビング器材を入れる、メッシュ状のバッグ。水切 れがよく、濡れたダイビング器材の運搬に便利。

| | | | | | | | | | | A |

や行
山立て 陸上の目標物を3か所くらい決めて、水面上の位置を覚える方法。

| | | | | | | | | | | A |

ら行
リーフ サンゴ礁が広がっている棚のこと。
リップカレント サンゴ礁のリーフの切れ目など、細い水路を強く沖へ流れる水流。
リバースブロック 浮き耳とも言う。カゼをひいたり鼻の状態が悪かったりするときに、無理に耳抜きをして潜ると、浮上のとき中耳内から空気が戻り難くなり、痛みが起こることがある。この現象のこと。
流氷ダイビング 流氷下に潜るダイビ ングのこと。
レギュレーター タンクの高圧空気をダイバーが必要とする周囲圧迄自動的に減圧する装置 。
レギュレータークリア レギュレーターのセカンドステージ内の水を吹き出すこと。水面でスノーケルからセカンドステージに交換するときは必ず行う。
レギュレーターリカバリー 器材を背負ったときのレギュレーターを探すテクニック のこと。
レスキューダイバーコース 事故を予防したり、事故に遭遇したと きに、即座にどのような対処をしたらよいのかを訓練するコース。.
レッグダイビング 沈船へのダイビング
ロープ潜降 水面に浮かんだブイに繋がれたロープ、あるいはボートのアンカーロープ等をたどって潜降すること。
ログブック 潜水日誌のこと。日付・潜水時間・タンク使用本数等を記録する日誌。海外では認定証と共に、ログブックの掲示を求められることも多い。
ロングショア・カレント 岸と並行に流れる沿岸流のこと。

| | | | | | | | | | | A |

わ行
ワンタッチリリース いざという時にワンタッチで外せる構造のこと。ウエイトベルトのバックル等。

| | | | | | | | | | | A |

英数字
3点セット マウス・スノーケル・フィンを合わせてこう呼ぶ。一般的に「軽器材」と呼ぶこともある。
BC(BCジャケット) 水中で浮力を調整する為にエアーを出し入れできるようになっているジャケット。
B.C.D 空気の出し入れを簡単にできる浮力調整具のこと。
CO2カートリッジ 炭酸ガスが充填されている小型ボンベ。BC等に装備されている。
Cカード Csrtification Cardの略で、ダイビング認定証のこと。ダイビング器材を借りたりガイドをお願いする際に必要になる。
MSD Master Scuba Diverの略で、アマチュアの中でトップの資格。
OW Open Water Diverの略。
Oリング 撥水機能がある、円形のゴムリング。タンクやレギュレーターの接続部分などに使われている。

| | | | | | | | | | | A |



求人情報【海洋調査 潜水士募集】

潜水作業


トップページ | 海の微笑み | 求人情報 | ブログ | レストラン | 店舗紹介 | 用語辞典 | リンク | お問い合わせ
Copyright © 1985-2016 SHOWER. All Rights Reseved.